薬剤師の面接で多い逆質問とは

薬剤師の面接で逆質問は非常に多い

薬剤師の転職は多い薬剤師の面接で逆質問は非常に多い転職後、合わなかったということがないようにしっかり質問しよう

それから次に多い逆質問は、職場の人間関係についてです。
過去にトラブルがないかや、まとめ役の人はどういう人柄かなど、居心地の良い現場を求めて詳細に訊かれることがあります。
さすがにネガティブな内容を連ねることができないので、多少問題があっても明言は避けるのが実態です。
その代わり新しい人材の確保のために、今ある人間関係の環境が良好になるような努力もしています。
人間関係に悩んで応募をしてくる人も沢山いますから、こういった部分はデリケートで気を遣う要素かもしれません。
そして報酬の話も、逆質問の中によく出ます。
病院はドラッグストアなどと比べても、正直あまり給与面の待遇は良くありません。
医師や看護師と連携することで経験値が積めるメリットは大きいですが、生活を豊かにしたい目的で応募するには方向性が違うのです。
それでも将来的な昇給やボーナスを視野に入れ、この質問をする人は後を絶ちません。
若い新人の薬剤師でも思い切って訊いてくるので、印象に残りやすい質問かもしれません。