薬剤師の面接で多い逆質問とは

転職後、合わなかったということがないようにしっかり質問しよう

薬剤師 面接 逆質問病院勤務の薬剤師の面接対策

薬剤師の転職は多い薬剤師の面接で逆質問は非常に多い転職後、合わなかったということがないようにしっかり質問しよう

また、出世に纏わる逆質問もされます。
薬剤師はあまり目立った上下関係がなく、上司と部下という関係性よりも先輩と後輩という表現の方がイメージしやすい仕事です。
ですがその間柄でも実績が多く知識も豊富な人は、重要なチーフを任されたり待遇面でも変わってきます。
これは昇給の話とも深い関わりがあることで、やはり応募者の大半がその職場でどこまで上を目指せるのかを気にしているのでしょう。
面接では本来私たちが人材の見極めを行いますが、同時にその現場の限界点を応募者たちは見極めているのだと感じています。
以上のように、質問をするのは決して採用担当者ばかりではありません。
場合によっては応募者の方から断りを入れられることもあるくらい、売り手市場の様相がハッキリとしています。
一方で、だからこそ良い人材を確保できたときの喜びは大きいです。
面接は人生の分岐点という言葉もありますが、応募者にも質問をする権利は当然あります。
ですからこれから薬剤師を目指す、或いは面接を受けようとしている皆さんは、是非積極的に自分の疑問や興味をぶつけてください。
その方が、どういう結果になっても後悔しないはずです。
とはいえ、やがてこの需要の高さも落ち着きを見せるでしょう。
早めに腰を据えられる現場を見つけて、長く働くことも重要になると思います。
これからも良い人材に長期的に在籍してもらえるよう、私も頑張っていきたいです。